2月 242010
 

最近では目にもファッション性を持たせたカラコンと呼ばれるカラーコンタクトが注目されて幅広く利用されています。中には瞳を大きく見せることでかわいらしさをアピールできるデカ目カラコンが存在し、カラコンの中では最も利用されています。カラコンは角膜より大きなソフトコンタクトを採用することで目の色を様々に表現できます。カラコンの大きな特徴としては、度がないない製品があることで処方箋を通す必要がなく、普段は裸眼で生活している人でも手軽に購入することができます。すぺてのカラコンに度が入っていないわけではなく、中には通常のコンタクトレンズと変わらない製品も多くあります。処方箋を通して購入が可能となることや、インターネットでは処方箋不要のカラコンが多く販売されています。しかしカラコンは目に装着する製品なので、目の健康を考えた使用法が望まれます。外出時のファッションとして利用するなどに留め、自宅では外したり普通のコンタクトと使い分けるようにして、長時間の着用をなるべく控える自主的な取り組みが非常に重要です。

2月 222010
 

体の毒素を排出するデトックスがダイエットに効果的だと言われています。デトックスを、ダイエットレシピに取り入れて健康的な体を手に入れましょう。デトックスを意識したダイエットレシピには欠かせない栄養素があります。ケルセチンは、血液中の有害物質を捕まえる役割を持っているポリフェノール類のひとつです。玉ねぎやほうれん草、パセリや青ジソなどに多く含まれています。アリシンは体内の有害物質を解毒する作用があります。ニンニクや、ネギ類、ラッキョウや玉ねぎに多く含まれています。肝臓の解毒酵素の働きを高める効果もあるので積極的に摂り入れましょう。食物繊維を多く含んだ食材は、腸内環境を整え便秘の予防や解消に効果があります。ダイエットレシピには欠かせない食材です。食物繊維が豊富な食材は、ゴボウやレンコンなどの根菜類や枝豆や小豆、大豆などの豆類、わかめやヒジキめかぶなど、体に良いとされている食材ばかりです。手軽なダイエットレシピとしては、これらの食材をスープにする方法が効果的です。スープに溶けだした栄養素がデトックス効果をもたらしてくれます。また、低カロリーで満腹感も得られるのでダイエットには最適なメニューと言えるでしょう。

2月 202010
 

一般的に、恋人同士というと、異性のカップルを思い浮かべると思います。しかし、そうとは限りません。同性愛の恋人同士というケースもあります。古来より、同性愛は日本でも当たり前とされ、有名な戦国武将にもお小姓さんと呼ばれる、男性の恋人のような存在がいる人物も、当然のように存在していましたが、近代化とともに、恋人は異性であり、結婚は一夫一婦制度という考えがスタンダードになって来ました。しかし、近年また恋愛の価値観が多様化しており、どのような相手を恋人にするのか、また婚姻形式をどうするのかについて、多くの形が取られるようになっています。例えばフランスなどでは、結婚とは必ずしも婚姻届を出すものではなく、事実婚の夫婦が多く見られます。近年、日本でも入籍に、拘らない人も増えています。また年齢を重ねたり、既婚歴のある人は恋愛から遠ざかるものと思われていましたが、最近は、高齢者同士の恋愛も珍しくありません。配偶者に先立たれた者同士が、素敵な交際をしているケースも多くあります。恋愛、結婚といった形が多様化している現代です。

2月 142010
 

アンチエイジングという言葉をよく耳にします。年を取ると容姿は衰えが見えてきます。ある一定以上の年齢の女性であれば、鏡を見て、皺や、しみ、たるみのある自分の顔にため息をつく人も多くいると思います。最近ではそういうものを、比較的簡単に取ることが出来るプチ整形と呼ばれるものがあります。本格的な整形手術はお金もかかり、リスクも大きくなりますが、プチ整形では注射1本で皺が取れたり、短時間のレーザー光線の照射で、しみが取れたりします。プチ整形はアンチエイジングだけではなく、若い人でも、一重瞼に悩んでいる人が、簡易な方法で、二重瞼に出来たり、顔にある大きなほくろを除去出来たりします。比較的、実行することへの精神的ハードルが低く、料金もお手頃なのが魅力です。プチ整形により、若い人が外見のコンプレックスから解放され、明るく生活することも出来ますし、アンチエイジングのための整形ならば、外見が若返ったことで、いろいろなことに挑戦する意欲が湧いて来たり、今までは年だと諦めていたことが出来るようになるかもしれません。このようにプチ整形は、多くのメリットがありますが、プチと言えども、医療行為です。事前に情報をよく集め考えてから実行する事が大切です。

2月 112010
 

自動車免許を手にすれば自分の車が欲しくなるのは当然のことです。大都市部以外では、一人に一台という時代でもあります。現代において、もはや自動車というのは生活必需品と言っても言い過ぎではないのです。例えば極端な話、生活保護を受けるときにでも、通勤目的に限っては自動車の所有は認められています。公共交通機関を使いましょうとうたいながら、公共交通機関の整備は大都市ならともかく、日本のほとんどの地域ではきちんとなされていません。ですから、自動車は贅沢品ではまったくなく、むしろエコカー補助金などの補助が出るくらい、なくてはならないものなのです。

ところが、そこに立ちふさがってくるのが、購入費だけではなく保険代や維持費などを含

めた費用の問題です。その費用の部分をクリアするために銀行など各社が競って提供してくれているのが自動車用のローンなのです。ローンというと少し敬遠してしまう方もおられるかもしれませんが、実は、自動車は家と同じように家計にとって大きな出費となるので、ローンで購入するのが一般的です。しかも、自動車については一般の無目的ローンが年率4.0%前後以上なのに対して、年率2.0%程度という非常に低い金利で提供されているのです。ですから、まず自動車を買うと決めたらローンを組むということを頭に置いて考えてみてください。

一口に自動車といっても、新車・中古車・新古車と車のタイプもたくさんあります。また、軽自動車や普通自動車、軽トラや小型バスなど作業用自動車と、自動車自体のの種類もたくさんあります。どんなタイプの自動車が欲しくて、どんな種類の自動車が欲しいのかを考えるのはとても楽しいことでしょう。運転免許証を手にしたその瞬間から抱く、好きな車を走らせて好きなところへでかける夢。その夢を、ローンの賢い使い方を学ぶことで叶えていきませんか。

2月 072010
 

我が家の近所に住んでいるA子さんが、4月から副業として新聞配達を始めました。それも朝刊です。
A子さんは、4歳の女の子を育てているシングルマザーで、町内にある病院付属の介護施設で働いています。勤務時間は朝9時から夕方の6時までですから、娘さんと一緒に朝ご飯を食べてから職場に向かう途中と、仕事を終えて帰宅するまでの間に、保育園の送り迎えをしており、この時は、彼女が愛用している真っ赤なママチャリが大活躍しています。
朝刊の配達は4時から6時までです。朝3時に起きて愛車のママチャリで新聞販売店に向かい、そこでお店の原付に乗り換えて副業をスタートします。配達を終えて家に帰っても、娘さんはまだ寝ているのはもちろんのことでしょう。
副業としての新聞配達を始めてから、彼女の生活はとても規則正しくなりました。早起きに備えて夜は早く床に着きますし、お酒も控えめにしているといいます。
こうして得たお金は、病気やけがなど自身と娘さんが万一の場合に備えて、さらに、近い将来小学校に入る愛娘の教育費として、すべて貯蓄に回しているそうです。