4月 302010
 

最近はペットは室内で飼うのが常識となっていますが、室内でペットを飼っているとなるとやはり臭いは気になってくるものです。ペット消臭はまずトイレから行いたいものです。ペットの排泄物はかなり臭いますが、その対策をするだけでもかなりにおいは抑えることができます。トイレ砂やペットシーツを消臭タイプのものにするのはもちろん、トイレ本体もまめに洗うようにし、日光消毒などをすると良いと思います。そして最近はかなり効果的な消臭剤も販売されていますので、そういった商品を選ぶのも良いと思います。香りの強いものは、ペットが嫌うことが多いですから、できるだけ無臭のものを選ぶこと、香りでにおいをごまかすのではなく、においそのものを分解するタイプのものが良いと思います。そして、ペットもトイレのしつけがしっかりしている子もいれば、そうでない子もまた多いものです。一度粗相をした場所には自分のにおいがついてしまっているので、繰り返し同じ場所で行う可能性が強いですから、においはしっかりとっておくこと、その部分にされないよう工夫する必要もあります。それから部屋は閉め切っているとにおいがこもりますので部屋の換気はまめに行い、空気を入れ替えるようにしたいものです。ペットのにおいは体についていることが多いですが、シャンプーをまめに行うということもあると思いますが、皮膚に負担のない良質なシャンプーを選びたいものです。そしてペットの臭いは家具やカーペット、ソファー、カーテンなどにしみこんでしまっていますので、ラグなどは洗えるタイプにしておくのも良いと思います。ペット消臭に対応した商品も色々販売されていますので、そういった商品を取り入れるのも良いと思います。そして、ペット消臭には空気清浄機や脱臭機を取り入れることも考えて良いと思います。脱臭機も大型のものから、コンパクトなタイプ、それからコンセントに差し込むだけのかなり小型なものまで販売されていますので、部屋の広さに合わせて使い分けるのも良いと思います。そしてエコ掃除で人気の重曹も消臭には役立ってくれるようです。カーペットに振りかけて掃除機をすると汚れも臭いも取れやすくなりますし、犬の体にふりかけてブラッシングをする、重曹を薄めた水で絞ったタオルで体を拭いてあげる、猫のトイレ砂と混ぜてみる、粗相した部分に重曹を使って掃除するなどいろいろなアイデアがあります。重曹はもともと食べられるものですし、安全にペット消臭が行えると思います。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>