6月 172011
 

加齢とともに進行する病気の代表として、アルツハイマー病、生活習慣病、更年期障害等が挙げられます。特に、更年期障害については、「何となく言葉は耳にしたことがあるけれど、よく分からない」という方も多くいらっしゃることでしょう。「年なので仕方がない…」と言いつつ、何の処置もせず放置してしまっている方も少なくないでしょう。しかしながら、そのまま放置してしまうと、鬱や五十肩等の病気を併発し、仕事や家事ができないほどの酷い状態に陥ることがあります。また、「単なる子宮筋腫かと思ったら、更年期障害だった」といったケースも多く見受けられ、誤った治療を続けていると、その分症状の改善が遅れます。

こちらでは、更年期障害に関する知識をより深めていただくとともに、更年期障害の治療法の1つとして「プラセンタ注射」があることを把握していただきたいと思います。更年期障害と言えば、女性特有の病気として見過ごされがちですが、男性もまた発症する可能性の高い病気ですので、男性の方もぜひチェックしておきましょう。

まず最初に、プラセンタについてより詳しく説明しています。実際、病院にて更年期障害の治療を受ける場合、医師よりホルモン注射を勧められることが多いようです。「プラセンタ注射と病院で処方されるホルモン注射とはどう違うのか?」「副作用は伴うのか?」「男性でも摂取しても問題ないか?」等といった点に着目しながら進めていくとよいでしょう。

その他にも、更年期障害の基礎知識や改善法等、内容盛りだくさんでお届けしていますので、更年期障害が気になり始めた40~50代男女の方はぜひ参考にするとよいでしょう。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>