11月 202011
 

ペットを家族のように大切にする人は多いですが、常に一緒にいる分、ペット独特の臭いに気づきにくくなっていることがあります。ペットの臭いは排泄物やおなら、げっぷから出る獣の独特な臭い、病気などによる臭いなど様々ですが、いずれも体のつくりや食べているものが違うため、人間とはまた違った臭いになっています。普段一緒に暮らしていない人にとっては特に気づきやすい臭いですので、来客のためにペット消臭の対策を取っている家庭も多いでしょうが、屋内で飼っていては臭いがこもりやすく、また、近頃は珍しい動物もペットとして購入できるようになったため、間違ったペット消臭をしている可能性もあります。ペット消臭は、スプレーなどの消臭剤を使う場合、ペットの口に入る可能性もありますので、専用のものを使うほうが安心です。また、ペットは人間にはない雑菌を持っている場合がありますので、消臭だけでなく、できれば除菌効果のあるものを利用したほうがいいでしょう。ネットで探せばペットに合った消臭法は見つかりますし、ペットショップで普段のケアについて聞いてみるのも有効です。臭いだけでなく、病気にも気をつけることで、結果的にペットの臭いの原因を減らすことに繋がります。ペット消臭は、ペットによって効果があるものとないものがあります。例えば、体毛が長いペットは、しばらく洗わなければ臭いが強くなりますが、犬や猫は皮膚が弱く、あまり頻繁にシャンプーをすると肌がかぶれて逆効果になることがあります。体臭で縄張りを主張するいたちやフェレットなどをペットにしている場合、シャンプーをするとかえってそれまで以上に強い臭いを出すようになります。また、ペット消臭剤で人間にとっていい香りのものもありますが、嗅覚が鋭いペットにとって、かえってストレスをためてしまう場合もあります。このように、ペット消臭専用の消臭剤だからといって、必ずしも消臭効果があるとは限りません。説明をきちんと読んで利用するようにしましょう。ペット消臭には、スプレーなどの消臭剤やトイレマットの他にも、飲み水などで体内から臭いを抑えるものや、埃や雑菌とともに臭いを吸収する機械もあります。また、ハウスクリーニングでペット消臭を取り扱っているところもありますので、ペットの食事やシャンプーなどとあわせ、上手に活用しましょう。飼い主と来客などの第三者とペット、三者三様に快適な空間を手に入れられる方法が、キきっと見つかります。

11月 192011
 

最近よく目にする「心理カウンセラー」という言葉ですが、例えば「臨床心理士」「心理セラピスト」「心療内科医」など似たような言葉もたくさんあります。では、心理カウンセラーとはいったいどのようなものなのでしょうか。

細かいことは後で述べることとして、大きな意味合いとしては、「心理カウンセラー」というのは、こころの問題の相談役であり、よき助言者であるととらえていただけば間違いはないでしょう。

現代の日本にはさまざまなストレスがあります。政治や経済などの社会不安や、詐欺や暴行や窃盗の横行などといった治安の悪化、そして職場や学校の人間関係など、数え上げればきりがないほどのストレスに私たちはさらされているのです。

そういった世の中で生活していると、多くの人がこころに傷を負ってしまいます。その傷にもさまざまな状態がありますが、とにかくそういった傷に対して相談に乗り助言をすることによって、少しでもラクになってもらう、傷が深く大きくなってしまう前に適切な対処をする、それが心理カウンセラーの仕事なのです。

 

こころに傷を負ってカウンセラーを訪ねて来る人を「クライアント」と呼びます。心理カウンセラーは、クライアントの心の成長を促し、クライアント自身の行動の変化や新しい可能性を示唆するものとされています。ここで注意すべきことは、あくまでも「示唆する」という部分です。病名を特定したり治療したりすることはできません。それは医師の仕事だからです。こころの問題は非常にデリケートです。それゆえ、多くの専門家が自らの役割をはずれることなく、かつ連携を取り合っていくことが大切なのです。そして、心理カウンセラーがその役割をきちんとこなしていくためには、心理カウンセラーとクライアントがしっかりとしたコミュニケーションをとることです。クライアントの信頼なくしてはカウンセリングは成立しません。カウンセラーが一方的に考えを押し付けるのではなく、クライアント自らが変わるようにしていくのです。つまり心理カウンセラーはクライアントにとって「指導者」ではなく「支援者」なのです。

11月 142011
 

ペットの臭いがすごく気になってくるからと言って、刺激が強い洗剤などをしようするとペットに悪影響を与えてしまうことがあります。また、ペットが嫌いな香りのスプレーを使用してペット消臭をするのもペットに可愛そうになってしまいます。かえって違う場所にペットが汚れ物をしてしまいます。ホームセンターなどにもペット消臭スプレーが販売されています。いい香りがするペット消臭スプレーはたくさんあるのですが、私たちはいい臭いだと思っていてもペットには変な臭いだと思われてしまうことが多いです。ペット消臭スプレーは香りがついていないほうがいいのかもしれない場合が多いということです。ペット消臭スプレーは天然成分でペットも安心することができる香りのペット消臭スプレーを購入して使うようにしてください。精油のほうがペットも安心することができるのでお勧めです。水で薄めてから使うともっと効果が出てきます。トイレやお部屋はペット消臭しなければ臭いが気になってしまうのでぜひスプレーを使ってみることをお勧めします。ペットが嫌がらない香りのスプレーはユーカリの香りがするスプレー、ラベンダーの香りがするペット消臭スプレーになっています。ペット消臭をするときのコツはペット消臭効果が高い道具を使うことです。ペットに使う道具も重要になります。ペットを清潔にしてあげなければペット消臭をしてもすぐに臭いが気になってくるのでペットを清潔にしてあげなければいけないということなのです。ブラッシングをしたりシャンプーなどをこまめにしてあげることによってペットは清潔になります。ペット消臭をしなくてもよい環境にすることができます。ペットの汚れ物は時間帯が決まっています。タイミングをつかむとすぐに片付けることが出来ます。長時間汚れ物を放置しておくと臭いが強くなってしまうのですぐに片付けるように工夫をしたりタイミングをつかんでおくとペット消臭効果が高まります。ペット用のトイレなどにもペット消臭効果が期待できるお茶殻などを敷いておいたりするとペット消臭効果があります。ただ、ペットは臭いに敏感なのでお茶殻の臭いが気になってしまうことがあります。ペットが気持ちよくなれるような環境にして、ペット消臭をするにはペットが嫌がらない香りの消臭スプレーを使ったりしながら工夫してペット消臭をするようにすれば家も清潔になってくるはずです。タイミングをつかんできれいな家が作れるはずです。

11月 112011
 

視力矯正用のコンタクトレンズとは違い、目の色を変える効果のあるコンタクトレンズのことをカラーコンタクトレンズと言います。そのカラーコンタクトレンズの中でも目の色を変えるだけでなく、黒目の大きさを大きく見せる効果もつけたカラーコンタクトレンズのことを、デカ目カラーコンタクトレンズ、略してデカ目カラコンといいます。カラコンの目の色を変える部分の周りを黒いラインで縁取りすることにより、実際よりも目の大きさを大きく見せるのです。デカ目カラコンは目に装着するだけで自然に目を大きくすることができるので、つけまつげのようにメイク感覚で若い女性を中心に愛用されています。雑貨店やネットショップなどで主に購入することができ、とくにネットショップでは豊富な種類のデカ目カラコンを取り扱っています。縁取りの幅を広くすることによって他のデカ目カラコンよりも目をより大きく見せるもの、デカ目カラコンを装着していると気づかれないよう自然に見えるよう工夫されたものなどです。