11月 202011
 

ペットを家族のように大切にする人は多いですが、常に一緒にいる分、ペット独特の臭いに気づきにくくなっていることがあります。ペットの臭いは排泄物やおなら、げっぷから出る獣の独特な臭い、病気などによる臭いなど様々ですが、いずれも体のつくりや食べているものが違うため、人間とはまた違った臭いになっています。普段一緒に暮らしていない人にとっては特に気づきやすい臭いですので、来客のためにペット消臭の対策を取っている家庭も多いでしょうが、屋内で飼っていては臭いがこもりやすく、また、近頃は珍しい動物もペットとして購入できるようになったため、間違ったペット消臭をしている可能性もあります。ペット消臭は、スプレーなどの消臭剤を使う場合、ペットの口に入る可能性もありますので、専用のものを使うほうが安心です。また、ペットは人間にはない雑菌を持っている場合がありますので、消臭だけでなく、できれば除菌効果のあるものを利用したほうがいいでしょう。ネットで探せばペットに合った消臭法は見つかりますし、ペットショップで普段のケアについて聞いてみるのも有効です。臭いだけでなく、病気にも気をつけることで、結果的にペットの臭いの原因を減らすことに繋がります。ペット消臭は、ペットによって効果があるものとないものがあります。例えば、体毛が長いペットは、しばらく洗わなければ臭いが強くなりますが、犬や猫は皮膚が弱く、あまり頻繁にシャンプーをすると肌がかぶれて逆効果になることがあります。体臭で縄張りを主張するいたちやフェレットなどをペットにしている場合、シャンプーをするとかえってそれまで以上に強い臭いを出すようになります。また、ペット消臭剤で人間にとっていい香りのものもありますが、嗅覚が鋭いペットにとって、かえってストレスをためてしまう場合もあります。このように、ペット消臭専用の消臭剤だからといって、必ずしも消臭効果があるとは限りません。説明をきちんと読んで利用するようにしましょう。ペット消臭には、スプレーなどの消臭剤やトイレマットの他にも、飲み水などで体内から臭いを抑えるものや、埃や雑菌とともに臭いを吸収する機械もあります。また、ハウスクリーニングでペット消臭を取り扱っているところもありますので、ペットの食事やシャンプーなどとあわせ、上手に活用しましょう。飼い主と来客などの第三者とペット、三者三様に快適な空間を手に入れられる方法が、キきっと見つかります。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>