4月 262012
 

薄着になり、肌の露出も増える夏本番。肌の出る部分が増えるとケアが気になるのは、やはりムダ毛です。ネットリサーチによる「女性のムダ毛に関するアンケート」に基づくデータによると、自分自身のムダ毛を気にしている日本人女性は約7割、その中でも最も気になる個所は断トツでワキという結果が出ています。なんと日本人の約9割の女性がワキのムダ毛を処理しているのです。

では、その気になるワキのケア、皆さんはどのように処理をしているのでしょうか。

「手軽に行える」、「低コストで行える」という理由からカミソリや毛抜きで自己処理をする人が全体6割を占めています。しかし手軽な反面、「すぐに生えてくる」、「チクチクする」、「きれいに処理できない」、「埋もれ毛になってしまう」など、その仕上がりに満足いかないことが圧倒的に多いようです。

自己処理を行っている皆さんが実感しているように、手軽だからと自己処理を繰り返していると恐ろしいトラブルを引き起こしてしまいます。

例えばカミソリで処理をしている場合はワキが露出する夏場は、毎日剃らなくてはいけないので肌がヒリヒリ赤くなったり、黒ずんだりと肌を痛めてしまいがち。そうなると、夏場ムダ毛と並行して気になるニオイを防ぐデオドラントスプレーも使用できなくなり、かなり厳しいですよね。さらには埋没毛という、毛が外に出ないで、皮膚の下で伸びて埋まってしまうなどのトラブルも引き起こす可能性もあります。

毛抜きで処理をする場合は、毛根から引き抜くため、その毛穴に汗による雑菌が入りやすくなります。そこからニキビのような炎症を引き起こし、悪化すると膿ができ、最悪切開して取り除く手術をしなくてはなりません。

このように、自己処理を繰り返しているとキレイを保てないばかりか、様々なトラブルも付きまといます。

そんな中、ほかの部位とは異なり、ワキのムダ毛処理方法の3位につけてきたのがエステやクリニックで行う「ワキ脱毛」。

ワキ脱毛は一昔前に比べ、はるかに低コストでキレイを保てるようになりました。

しかし一言でワキ脱毛といっても色々と種類もあり、値段や効果にも違いがあります。

そしてクリニックやサロンで処理をする場合皆さんが気になるのは勧誘や追加料金などのストレスではないでしょうか。

きちんとした知識があれば失敗せず、自分に合ったケア方法を見つけられます。

正しいワキ脱毛の知識を身につけて、一刻も早く毎日の自己処理から解放され、キレイなワキを手に入れませんか?

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>