8月 312011
 

肌のアンチエイジングにとって重要なものの一つは、紫外線対策です。紫外線によって肌がダメージを受けると、シミや黒ずみの原因となり、しわやたるみも引き起こします。紫外線によるダメージは年齢を重ねるうちに修復力が落ちていくため、まだ若いから大丈夫と油断せず、早い段階から対策をとっておくことが重要といえます。紫外線は晴れた日だけではなく、曇りや雨の日もあります。また、4月頃からは紫外線量が高くなるので、夏だけではなく年中紫外線対策をすることが肌のアンチエイジングにとって大切となります。手軽に実践できる方法は、日焼け止めを使用することです。日焼け止めには、クリームタイプや乳液タイプといった種類があり、化粧下地を兼ねるタイプのものもあるので、自分の好みに合ったものを選ぶと良いといえます。日焼け止めの他には、ひさしが大きい帽子や日傘も紫外線対策に効果があります。これらを利用して日常的に紫外線対策を行うと、肌のアンチエイジングを進めることができます。

6月 012011
 

歯が綺麗な人は、とても健康的で若々しく見えます。アンチエイジングの方法の1つに歯を綺麗にするということがあります。歯を綺麗に見せるには、美しい歯並びと白さが大切です。最近では、歯を白くする色々な方法があります。大きく分けて、家で行う方法と、歯科など専門のクリニックで行う方法があります。家で行うには、専用のマウスピースを使い、自分で歯のメンテナンスをします。手間がかかりますが、その分安上がりになります。クリニックで行う方法は様々なものがあります。1つは自分の歯にレーザーを当てたり、マニキュアを施したりといった自分自身の歯をクリーニングして綺麗に見せる方法です。手早く美しい仕上がりになります。手間のかからないアンチエイジングです。また人工の歯を入れたり、かぶせたりと言うやり方もあります。虫歯治療の際のついでに行うのも可能ですが、保険が効かないので、注意しましょう。人工の歯の場合、歯の形を変えられるので、簡易な歯科矯正効果も期待できます。アンチエイジングの効果が、より高まります。

5月 042011
 

脳のアンチエイジングに有効な方法は色々ありますが、中でも簡単に実践できる方法は、脳を使うことです。もう年だから、若い頃とは記憶力が違うからとあきらめる必要はありません。いくつになっても脳を使うことで、十分活性化し、脳のアンチエイジングにつなげることができます。ポイントは、若い頃の自分の能力と比較して落ち込むのではなく、現在の自分の能力を少しずつでも高めていくことです。特に難しいことをしなくても、日常生活で脳のアンチエイジングを目指すことは可能です。たとえば、買い物に行った時に暗算をしてみます。合計いくらになるか暗算しながら買い物をしても良いですし、2千円以内で買い物をしようと目標を決めるのも面白い方法です。主婦の方がスーパーなどで試せば、脳のアンチエイジングと同時に家計の節約にも有効だといえそうです。レジで支払う時は、もちろんおつりも暗算で計算します。このように、少しの心がけで脳を使う機会を増やすことができます。

2月 262011
 

年齢を重ねるうちに、運動能力が低下したと感じる人は多いようです。普段から少しでも体を動かしていると若々しく見え、体力の維持や向上にも役立ちます。いつまでも元気で健康に過ごすためにも運動は大切であり、アンチエイジングに効果があるといえます。とはいえ、これまで全く運動をしたことがなかった人が突然激しい運動やスポーツに挑戦すると、事故やけがをする危険が高まります。まずは軽いストレッチやウォーキングから始めるのがお勧めです。ストレッチは、家でテレビを見ながらしたり、お風呂上りや寝る前などにしたりすると、リラックスできる上適度な運動になり、アンチエイジングへの一歩を踏み出せます。ウォーキングは、だらだら歩かず、姿勢に気をつけて歩くと効果的です。普段使わない筋肉を使っていることを実感でき、短時間でもいい汗を流すことができます。気候が良い時期のウォーキングは、気分転換にも最適です。毎日少しずつでも楽しみながら運動を続けることが、アンチエイジングにつながるといえそうです。

12月 012010
 

アンチエイジングを日本語に訳すと抗老化とか抗加齢という言葉になります。化粧品など美容に関するものに多く使われる言葉ですが、食もアンチエイジングに大きく関わっています。まず食材ですが、旬のものを選ぶことがポイントになります。同じ食材でも旬のものはビタミンやミネラルはもちろん、フィトケミカルという強い抗酸化作用を持つ成分が多く含まれているためアンチエイジングに最適ですし、おいしくまた安く手に入れることができるという嬉しい特典も付いています。このフィトケミカルは、濃い色のものにより多く含まれていますので、同じ種類の野菜ならより色の濃いものを選ぶと良いと言われています。次に食品については、なるべく加工されているものは摂らないようにしましょう。加工されている食品には糖分、塩分、脂肪分が含まれているものが多く、知らず知らずのうちにこれらを摂りすぎてしまい、アンチエイジングの効果が半減してしまうことにもなりかねません。このように、アンチエイジングと食は密接な関係にあります。大げさなことでなく、旬のものを自然な形でいただく、というとても身近な事からアンチエイジングは始まる、とも言えます。

10月 242010
 

アンチエイジングを意識する人は、更年期を意識する年齢の人が多いと思います。更年期には更年期障害と言う心身の健康のバランスが崩れる症状が出ることがあります。女性の場合は、出産適齢期を過ぎると、女性ホルモンが減少し、それに伴い心身の不調が出ることが多いようです。このような症状は、在宅で、また病院の専門外来など、色々な方法で緩和出来ます。在宅では、漢方薬を買って飲むという方法があります。漢方薬は特定の症状の緩和だけでなく体全体のバランスを整えてくれます。薬剤師と相談して、自分の体質や症状に合ったものを選ぶと良いでしょう。病院ではカウンセリングをしてくれたり、ホルモンの数値を調べて、ホルモン療法を行ったりします。専門の医師に話を聞いてもらうだけで、症状が緩和したりします。健康面でアンチエイジングの助けをしてくれます。また精神面では周囲に症状を理解してもらうことも大きな助けとなります。更年期障害の緩和とアンチエイジングの効果を高めます。

7月 152010
 

アンチエイジングというと、美容、運動、脳など様々な分野がありますが、心の持ちよう、気持ちも大切だといえます。年令より若々しく見える人は気持ちが若く、それがアンチエイジングの秘訣の1つになっているようです。自分は年だから、今頃しても遅いからといってふさぎこんだり何かをあきらめることなく、今の自分にできる範囲で行動を起こすことが、アンチエイジングの一歩だといえます。女性なら、自分のために化粧品や洋服を買う、流行を意識してみるなど、ほんの少しのきっかけで気持ちが明るくなり、アンチエイジングにつながります。また、新しいことに挑戦するのもアンチエイジングに有効です。趣味を持ったり深めたりしてみる、興味のある分野に足を踏み入れてみるなど、少し行動することで今までとは違った新しい世界が広がります。毎日の生活の中で満足感や充足感が高まると、自然と前向きで積極的な気持ちになることができ、アンチエイジングにも効果的だといえます。

5月 042010
 

最近アンチエイジングという言葉をよく耳にします。簡単にいうと老化防止です。少しでも若くいたいということは誰もが思う願いです。アンチエイジングには抗酸化物質を多く含む食べ物が良いそうです。難しいようですが、ビタミンCやビタミンE、ベータカロチン、カテキン、ポリフェノール、イソフラボンなどよく聞くものが多いです。それから参加した食品や高脂肪、添加物の多い食品、残留農薬や汚染物を食べないことも重要のようです。できるだけ無農薬の野菜を食べるとか日頃から口に入るものは気を付けてより健康的な食生活を心がけたいものです。食材の中でも注目しているのはアボガドです。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2を含みアンチエイジングにとても良い食材だそうです。トマトやグレープフルーツと一緒にサラダを作ったりサンドウィッチにしたりいろいろなメニューが広がる食材です。アンチエイジングを心がけ日頃の食事を大切にしたいものです。

4月 222010
 

アンチエイジングと言うと、まず見た目を意識する人が多いと思います。見た目の美しさは、体の中から作り出せます。アンチエイジングには栄養面での努力が欠かせません。アンチエイジングには、ビタミン類を多く取ると良いです。ビタミンCは体の免疫力を高めるのに効果的です。またビタミンEは体の活性酸素を取り除き、老化防止をやや食い止めてくれます。ビタミンの他に緑茶などに含まれるカテキンも、免疫力を高め、体の抗酸化作用を助け、アンチエイジングに一役買います。便秘防止にも努めた方がいいでしょう。その為に、食物繊維を多く含んだ食品を取り、しっかり水分補給をする事も大切です。また栄養摂取や便秘防止に食品だけでは足りないと感じる場合は、サプリメントをうまく取り入れましょう。アンチエイジングとは健康の維持でもあります。偏った栄養摂取は健康を害することがあります。健康を考え、バランスよく栄養を取る事が大切です。また栄養摂取の効果をより高めるため、適度な運動も大事です。

4月 212010
 

肌にうるおいがなくなったと感じるのは、保湿力が低下しているサインです。年中エアコンを使用する生活環境や、年齢とともに保湿力が低下していくことなどもあり、年々肌は乾燥しがちになるといえます。保湿することで肌のバリア機能が高まり、紫外線のダメージをおさえることができるため、アンチエイジング対策の1つとして肌の保湿は重要だといえます。保湿をするために有効なのは、化粧水を使うことです。セラミド、ヒアルロン酸などは保湿成分が高いとされているため、これらが配合された化粧水を使うのも1つの方法です。他にも、アンチエイジング用化粧水や、年代別の製品なども数多く出回っています。試供品やトライアルセットなどを利用して、自分の肌に合うものや保湿効果が実感できるものを探すと良いといえます。化粧水で保湿をした後は、乳液やクリームを使うと更に効果的だそうです。保湿をした肌に油分をプラスすることで、肌の水分にふたをする役割を果たすのだそうです。このように保湿を心がけるのは、アンチエイジングに有効だといえそうです。