4月 202012
 

ペットを飼っている人がペット消臭をするのは当たり前のことです。ペット消臭をするには道具が必要になります。きちんと用意をしておくようにしたほうがよりペット消臭効果が出てきます。道具の1つ目は洗剤です。家庭で使っている洗剤でも大丈夫です。洗剤には色んな成分が含まれています。天然成分も含まれているので色んな洗剤を試してみるときれいになります。試すときは中性洗剤のような刺激が少ない洗剤から試してみるとどの洗剤が一番ペット消臭に効果的なのか分かるようになってきます。2つ目は重曹です。これはカーペットやフローリングに汚れている物を浮き上がらせます。3つ目は炭酸水です。ソーダー水でも効果はあります。弱酸性なので染み抜きのときに良いといわれています。拭き掃除には効果的な水です。糖分が入っていないほうがべたつかなくてきれいになります。4つ目はレモン汁です。レモン汁にも染み抜きの効果があるみたいです。カーペットを汚してしまって色が変色してしまったときなどにしようします。5つ目は酢水です。これは一番ペット消臭効果があると言われています。においを消す働きがあるのでペット消臭をするときには必ず使ったほうが良いとされています。ペット消臭をするときの方法はトイレ掃除をしているような感覚で行ないます。ペット消臭もトイレ消臭も似ています。汚れが染み込んでしまったときには洗剤や炭酸水、ソーダー水などをたっぷりと使います。ソーダー水をたっぷりと染み込ませるのが効果的です。使うものはトイレ消臭をするときと同じくペーパータオル、炭酸水、酢水、ビニール袋、雑巾などです。ペット消臭の始めは排泄物や臭いの原因となっているものから片付けを行ないます。次はペーパータオルや雑巾などで水分をふき取ってります。古くて使わなくなった布を使ってもやりやすいです。一番水を吸い込みやすい布を使うとよりペット消臭効果がよくなります。拭き取った後は洗剤を染み込ませます。ビニール袋を乗せて少し置いておくと効果が出てきます。洗剤がないという人はソーダー水や炭酸水がお勧めです。拭き取った後にしようします。その後は酢水を使ってスプレーのようにかけます。雑巾でしっかりと拭いてペット消臭の完了です。汚れた雑巾やペーパータオルはしっかりとビニール袋の中に入れて片付けます。臭いが漏れないようにしてしっかりとビニール袋に入れたらペット消臭の終了となります。臭いが残っていたらもう一度ペット消臭を行ないます。チワワの販売

11月 202011
 

ペットを家族のように大切にする人は多いですが、常に一緒にいる分、ペット独特の臭いに気づきにくくなっていることがあります。ペットの臭いは排泄物やおなら、げっぷから出る獣の独特な臭い、病気などによる臭いなど様々ですが、いずれも体のつくりや食べているものが違うため、人間とはまた違った臭いになっています。普段一緒に暮らしていない人にとっては特に気づきやすい臭いですので、来客のためにペット消臭の対策を取っている家庭も多いでしょうが、屋内で飼っていては臭いがこもりやすく、また、近頃は珍しい動物もペットとして購入できるようになったため、間違ったペット消臭をしている可能性もあります。ペット消臭は、スプレーなどの消臭剤を使う場合、ペットの口に入る可能性もありますので、専用のものを使うほうが安心です。また、ペットは人間にはない雑菌を持っている場合がありますので、消臭だけでなく、できれば除菌効果のあるものを利用したほうがいいでしょう。ネットで探せばペットに合った消臭法は見つかりますし、ペットショップで普段のケアについて聞いてみるのも有効です。臭いだけでなく、病気にも気をつけることで、結果的にペットの臭いの原因を減らすことに繋がります。ペット消臭は、ペットによって効果があるものとないものがあります。例えば、体毛が長いペットは、しばらく洗わなければ臭いが強くなりますが、犬や猫は皮膚が弱く、あまり頻繁にシャンプーをすると肌がかぶれて逆効果になることがあります。体臭で縄張りを主張するいたちやフェレットなどをペットにしている場合、シャンプーをするとかえってそれまで以上に強い臭いを出すようになります。また、ペット消臭剤で人間にとっていい香りのものもありますが、嗅覚が鋭いペットにとって、かえってストレスをためてしまう場合もあります。このように、ペット消臭専用の消臭剤だからといって、必ずしも消臭効果があるとは限りません。説明をきちんと読んで利用するようにしましょう。ペット消臭には、スプレーなどの消臭剤やトイレマットの他にも、飲み水などで体内から臭いを抑えるものや、埃や雑菌とともに臭いを吸収する機械もあります。また、ハウスクリーニングでペット消臭を取り扱っているところもありますので、ペットの食事やシャンプーなどとあわせ、上手に活用しましょう。飼い主と来客などの第三者とペット、三者三様に快適な空間を手に入れられる方法が、キきっと見つかります。

11月 142011
 

ペットの臭いがすごく気になってくるからと言って、刺激が強い洗剤などをしようするとペットに悪影響を与えてしまうことがあります。また、ペットが嫌いな香りのスプレーを使用してペット消臭をするのもペットに可愛そうになってしまいます。かえって違う場所にペットが汚れ物をしてしまいます。ホームセンターなどにもペット消臭スプレーが販売されています。いい香りがするペット消臭スプレーはたくさんあるのですが、私たちはいい臭いだと思っていてもペットには変な臭いだと思われてしまうことが多いです。ペット消臭スプレーは香りがついていないほうがいいのかもしれない場合が多いということです。ペット消臭スプレーは天然成分でペットも安心することができる香りのペット消臭スプレーを購入して使うようにしてください。精油のほうがペットも安心することができるのでお勧めです。水で薄めてから使うともっと効果が出てきます。トイレやお部屋はペット消臭しなければ臭いが気になってしまうのでぜひスプレーを使ってみることをお勧めします。ペットが嫌がらない香りのスプレーはユーカリの香りがするスプレー、ラベンダーの香りがするペット消臭スプレーになっています。ペット消臭をするときのコツはペット消臭効果が高い道具を使うことです。ペットに使う道具も重要になります。ペットを清潔にしてあげなければペット消臭をしてもすぐに臭いが気になってくるのでペットを清潔にしてあげなければいけないということなのです。ブラッシングをしたりシャンプーなどをこまめにしてあげることによってペットは清潔になります。ペット消臭をしなくてもよい環境にすることができます。ペットの汚れ物は時間帯が決まっています。タイミングをつかむとすぐに片付けることが出来ます。長時間汚れ物を放置しておくと臭いが強くなってしまうのですぐに片付けるように工夫をしたりタイミングをつかんでおくとペット消臭効果が高まります。ペット用のトイレなどにもペット消臭効果が期待できるお茶殻などを敷いておいたりするとペット消臭効果があります。ただ、ペットは臭いに敏感なのでお茶殻の臭いが気になってしまうことがあります。ペットが気持ちよくなれるような環境にして、ペット消臭をするにはペットが嫌がらない香りの消臭スプレーを使ったりしながら工夫してペット消臭をするようにすれば家も清潔になってくるはずです。タイミングをつかんできれいな家が作れるはずです。

7月 272011
 

ペットを飼っている人にとって、大きな悩みの一つとなるのがペット消臭についてではないでしょうか。ペットとずっと一緒にいる自分達は特に気にならなくても、来客ににおいがすると思われているのではないかと気になったり、実際に指摘されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここではペット消臭のための方法についていくつか挙げてみます。まず、ペットのにおいが気になる場所としてはペットのトイレが挙げられます。トイレのにおい対策としては、排泄物をためたりせずに、こまめに掃除を行うということが大切です。また、猫のトイレはさまざまなタイプのものが販売されており、砂に消臭効果のあるものが入っているタイプや、システムトイレの場合は底の部分に敷くシートで排泄物とともににおいも吸収して閉じ込めるようなタイプのものなどがありますので、トイレ自体をそういった消臭対策のものに変えるという方法もあります。ただし、急にトイレを変えると、慣れるまでトイレに近寄らなくなる猫もいますので、トイレを変える場合はいきなり変えずに、これまでのトイレと併用をしながら徐々に変えて行くといった工夫が必要になります。また、1週間シート交換不要というタイプのものでも、途中でにおいが気になるような場合は、早めに交換することが大切です。また、ペット自体がにおいの原因となる場合もあります。ペットのシャンプーはにおい防止だけでなく、汚れを落として皮膚や被毛を清潔に保つためにも効果的ですので、定期的にペットのシャンプーも行うようにすると良いでしょう。その際に注意しなければならないのが、ペットのお気に入りの場所やベッド、またそこに置いてある毛布やタオル類です。そういった場所が清潔でなかったり、毛布やタオルが汚れていると、せっかくシャンプーできれいになったペットがすぐに汚れてしまう原因になりますので、こまめな掃除や洗濯をするように心がけて下さい。その他の方法としては、市販されているペット消臭剤などを使用する方法もあります。使用の際の注意点としては、ペット専用として販売されているペット消臭剤はペットに対しての安全が確認されているものがほとんどですが、ただ単に部屋用消臭剤といったものは、ペットに対して安全かどうか確認してから使用した方が良いでしょう。また、どちらの場合も使用方法や用量などをきちんと守った上で、使用することが大切です。以上、ペット消臭の方法について挙げてみましたので、ペットのにおいが気になっている方は参考にして下さい。

1月 052011
 

ペットの臭いは強烈です。けれどもどうやってペット消臭をしたらいいのかよく分からないと思っている人がたくさんいます。飼い主は飼いなれていてペット消臭をしなくても気がつかないのですが、お客様の鼻にはやはりペットの臭いが気になってしまいます。だからペット消臭して臭いを消さなければいけないのです。人によっては不快に思ってしまう人もいらっしゃいます。また、近所などにペットの臭いが漏れてしまうと近所迷惑になってしまいます。地域の方に市役所に追放されてしまうといけないので、迷惑かけないようにするためにはペットを飼っている人はペット消臭を特に心がけていかなければいけません。ペットの臭いはしょうがないことです。人間だって臭いくらいはあります。仲間を確認しあったり存在を知らせたりするために臭いがあるのです。ペットの消臭をしながらペットの臭いと付き合っていかなければいけないのです。ペットの臭いは生活をする中で起こってしまうことです。特に気になるのがトイレです。これは代表的です。排泄物などの省でペットの臭いが気になってしまい、ペット消臭しなければいけないという場面になってしまいます。ペット消臭が上手く出来ていないとなかなかペット消臭をすることができなくて部屋の中が臭ってしまいます。その他にもペットの臭いもあります。飼っている人は気になることはないです。また健康的なペットもあまり臭わないのでペット消臭をする必要もないのです。けれどもペットの状態が悪くなってしまったときなどはペットの臭いが変わってきます。少し臭ってしまうのでペット消臭しなければいけなくなります。臭いがしたらどこか具合が悪いんだと思うようにするべきです。ペット消臭をするときに気をつけなければいけないことはペットが嘔吐してしまったときのペット消臭です。ばい菌が入ってしまっている可能性も高いです。だからきちんと消毒をしながらペット消臭をしなければいけないのです。ペットを飼っている人ならば絶対にしなければいけないことです。汚いからといってそのままにしておいてしまうと大変なことになってしまうので、しっかりと消毒をしながらペットの消臭をするようにすると、上手くペットの付き合っていけます。洗剤を使ったりソーダー水、レモン汁などを使うとペット消臭をするのに便利です。洗剤には大豆成分やオレンジ成分などがたくさん含まれています。ソーダー水は糖分が入っていないほうがお勧めです。色んな道具を試してみながらペット消臭をしてみるときれいになります。

5月 272010
 

オスのミニチュアダックスフントを飼って、はや10年。オシッコやウンチをペットシーツの上ででするしつけは一応できてはいるものの、室内でトイレをすませる限り、どうしてもペット消臭問題がつきまとってしまいます。犬が若いうちは散歩につれていったときに、ある程度の量を出してくれたものなんですが、老犬になってくるとどうしても室内にいるだけの日が多く、すべてを家の中でするとどうしても臭くなってしまうので困りもの。スプレーや市販のペット消臭剤を駆使して自分なりの対策をしているのですが、外出するときに窓を閉め切って出たりすると帰宅したときにはむわっとした臭いがたちこめて、少々困ってしまいます。冬場は寒いので臭いもそんなに気にならないし、真夏はペットが熱中症にかからないように、(節電時代なのでちょっと気がひけつつも、やはり犬も家族の一員で子供のようなものなので)ゆるくクーラーをかけて出かけるからいいのですが、春から初夏にかけてなどのポカポカ暖かい季節が、なんとも一番気になるところです。すぐに空気をいれかえるとちょっとはましになるのですが、いまひとつな感じで、ペット本人は気にならないのか、とても不思議です。最近実践し始めたペット消臭の方法なんですが、効率よくにおいがなくなるので、今後はそのやりかたを続けていこうと計画しています。その方法とは、ペットシートとごみ箱をキレイにすること。ペットシートが汚れていたら、当然においがたちこめるのですが、ごみ箱に捨てた後のペットシートに関しては、意外と意識してない方が多いのではないでしょうか。ゴミ箱が家の外にあり、わざわざそこまで捨てに行ってる場合は問題ないのでしょうが、たいていの家だと調理をしやすいようにキッチンまわりにあるもの。「調理したときにどうせなんらかのにおいがでるものだし」と、リビングや寝室にくらべて手薄になってる場合、そこにおいてあるごみ箱からにおいがわきでても仕方のないもので、唯一の救いは換気扇があることですが、もしリビングとキッチンがつながっている場合、においがながれてきても全くおかしくありません。そこで、ゴミ箱の徹底的な消臭なんです。ゴミ箱の中に貼り付けタイプの強力な消臭剤をつけて、さらにゴミをいれるたびに消臭スプレーをふきつければ、捨てたシートからの臭いを防ぎ、驚くほど部屋が無臭になります。他のゴミの臭いもなくなるし一石二鳥です。

4月 302010
 

最近はペットは室内で飼うのが常識となっていますが、室内でペットを飼っているとなるとやはり臭いは気になってくるものです。ペット消臭はまずトイレから行いたいものです。ペットの排泄物はかなり臭いますが、その対策をするだけでもかなりにおいは抑えることができます。トイレ砂やペットシーツを消臭タイプのものにするのはもちろん、トイレ本体もまめに洗うようにし、日光消毒などをすると良いと思います。そして最近はかなり効果的な消臭剤も販売されていますので、そういった商品を選ぶのも良いと思います。香りの強いものは、ペットが嫌うことが多いですから、できるだけ無臭のものを選ぶこと、香りでにおいをごまかすのではなく、においそのものを分解するタイプのものが良いと思います。そして、ペットもトイレのしつけがしっかりしている子もいれば、そうでない子もまた多いものです。一度粗相をした場所には自分のにおいがついてしまっているので、繰り返し同じ場所で行う可能性が強いですから、においはしっかりとっておくこと、その部分にされないよう工夫する必要もあります。それから部屋は閉め切っているとにおいがこもりますので部屋の換気はまめに行い、空気を入れ替えるようにしたいものです。ペットのにおいは体についていることが多いですが、シャンプーをまめに行うということもあると思いますが、皮膚に負担のない良質なシャンプーを選びたいものです。そしてペットの臭いは家具やカーペット、ソファー、カーテンなどにしみこんでしまっていますので、ラグなどは洗えるタイプにしておくのも良いと思います。ペット消臭に対応した商品も色々販売されていますので、そういった商品を取り入れるのも良いと思います。そして、ペット消臭には空気清浄機や脱臭機を取り入れることも考えて良いと思います。脱臭機も大型のものから、コンパクトなタイプ、それからコンセントに差し込むだけのかなり小型なものまで販売されていますので、部屋の広さに合わせて使い分けるのも良いと思います。そしてエコ掃除で人気の重曹も消臭には役立ってくれるようです。カーペットに振りかけて掃除機をすると汚れも臭いも取れやすくなりますし、犬の体にふりかけてブラッシングをする、重曹を薄めた水で絞ったタオルで体を拭いてあげる、猫のトイレ砂と混ぜてみる、粗相した部分に重曹を使って掃除するなどいろいろなアイデアがあります。重曹はもともと食べられるものですし、安全にペット消臭が行えると思います。